マリンエキスプレス

マリンエキスプレス株式会社は、主に船舶輸送を行っていた輸送系企業。前身は日本カー・フェリー(1965年〜1990年)で、シーコムに買収されシーコムフェリー(1990年〜1992年)となった後マリンエキスプレスとなる。

木更津航路(川崎港 - 木更津港)を1時間で結ぶ中型カーフェリーを運航していたが、後に京浜航路(川崎港 - 日向港)への大型カーフェリー運航も開始し徐々に規模を拡大した。

1997年には東京湾アクアライン開通により木更津航路を廃止。その後2004年8月には原油高騰などの煽りを受け業績が悪化、分社化を実施し宮崎カーフェリーを設立。経営が悪化していた京浜航路はマリンエキスプレス、大阪・貝塚航路は宮崎カーフェリーの運行となった。

しかし2005年6月の川崎港発の宮崎港行き(京浜航路)の最終航海をもってマリンエキスプレスが分社化実施後自社運航していた航路は全て休止となった。その後2005年12月には、マリンエキスプレスの所有していた資産の売却、譲渡が始まり、特別清算が開始されている。分社化された宮崎カーフェリーの事業は引き続き行われている。

マリンエキスプレスになるまでの経緯
日本カーフェリー
内航海運業の北星海運が設立した企業で、川崎と木更津を結ぶ近距離フェリーから、関東・関西と宮崎を結ぶ長距離フェリーに業務を拡大。
殆どのターミナルは自社所有物件だった事や、当初より旅客・乗用車を重視した豪華なカーフェリーを多数建造した為に早期から需要と実情が合わなかった為に経営が悪化し、途中出資者は観光施設運営の三井観光開発に変わったが、その後融資元の日本長期信用銀行が介入してシーコムが経営権を買収。
シーコムフェリー
バブル期にリゾート開発で名を馳せたイ・アイ・イーインターナショナル(2000年に倒産)と、 当時、同社傘下の企業となっていた海運会社シーコム(2007年4月12日、破産手続き開始。)の共同出資で設立され、日本カーフェリーはシーコムフェリーに事業譲渡して1990年12月に解散。
その後出資2社のバブル崩壊による経営不振で2社の融資元である日本長期信用銀行が介入し、 1992年10月に2社との関係を解消しマリンエキスプレスに社名変更。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。