佐渡汽船

フェリー各社の経営内容が悪くなっているようですね。
原因を探ってみたいと思います。


マリンエキスプレス株式会社は、主に船舶輸送を行っていた輸送系企業。前身は日本カー・フェリー(1965年〜1990年)で、シーコムに買収されシーコムフェリー(1990年〜1992年)となった後マリンエキスプレスとなる。

マリンエキスプレス
木更津航路(川崎港 - 木更津港)を1時間で結ぶ中型カーフェリーを運航していたが、後に京浜航路(川崎港 - 日向港)への大型カーフェリー運航も開始し徐々に規模を拡大した。

1997年には東京湾アクアライン開通により木更津航路を廃止。その後2004年8月には原油高騰などの煽りを受け業績が悪化、分社化を実施し宮崎カーフェリーを設立。経営が悪化していた京浜航路はマリンエキスプレス、大阪・貝塚航路は宮崎カーフェリーの運行となった。

しかし2005年6月の川崎港発の宮崎港行き(京浜航路)の最終航海をもってマリンエキスプレスが分社化実施後自社運航していた航路は全て休止となった。その後2005年12月には、マリンエキスプレスの所有していた資産の売却、譲渡が始まり、特別清算が開始されている。分社化された宮崎カーフェリーの事業は引き続き行われている。



佐渡汽船
佐渡汽船株式会社(さどきせん、Sado Steam Ship Co.,Ltd.)は、新潟県佐渡市に本社を置く、新潟県本土と佐渡島とを結ぶ定期航路を運航する海運会社。ジャスダック証券取引所上場。
1932年、佐渡航路で競合していた商船会社3社を経営安定の見地から新潟県の資本参画のもと統合して成立した。当初から半官半民で設立された日本最初の第三セクター企業である。

現在も新潟県が資本金の50%を出資している。ほかの出資企業には新潟県内の主要企業である新潟交通、第四銀行なども加わっている。

現在、佐渡汽船は両津航路(新潟〜両津)、小木航路(直江津〜小木)、両泊航路(りょうどまり・寺泊〜赤泊)の3航路を運航し、4隻のカーフェリーと、3隻のウォータージェット推進式全没型水中翼船(ジェットフォイル)1隻の高速船を就航させている。

アメリカ・ボーイング社製のジェットフォイルについては、日本で最初に定期航路に採用された例。後にボーイング社から製造・販売のライセンスを取得した川崎重工業(現川重ジェイ・ピイ・エス)にもノウハウを提供している。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。